着付けが終わって鏡で着姿を見る青山きもの学院の先生と生徒

着物着付け 高等師範科

自分らしい装いの完成を目指すと共に、身の回りの方にも喜んで頂ける着付けが出来る技術を確立させます。

費用と受講期間について詳しく

初学者の方は 初心者コース(本科) から受講を開始してください。

▲ご自身のメモがわりにもご利用ください。

学習内容

自装では師範科までに習得した装いに自分らしさを加えていきます。

また、他装ではお太鼓、二重太鼓をはじめ振袖の変わり結びに至るまで、ご家族やお友達に喜んでいただける美しく苦しくない着付け技術を確立させます。

また、各々の専門家からの講義や実習、染織産地の見学は、きものときもの回りの理解を深めるだけでなく様々な対応力を向上させます。

高等師範科コースの内容

カリキュラム<実技>

  • 自分の着方の見直し(補整の確認、きものベルト2本を使う着方、短い帯の結び方、関西巻き、後ろおはしょりの始末)
  • 仕立衿、きものベルトを使わない着方
  • 個性を生かした着方
  • 華やかな着方(伊達締めの使い方、三重仮紐の使い方)
  • 留袖の格調ある着方(関西巻き)
  • 留袖の格調ある着せ方(関西巻き)
  • 振袖の初々しい着せ方
  • 振袖の華やかな着せ方
  • 現場での振袖着付け
  • 振袖の着せ方と変わり結び(二人着せ)
  • 男性の礼装の着せ方
  • 女袴の付け方
  • 自分の装い方の見直し
  • 創作帯結び
  • 花嫁の着付け
  • 半幅帯
    (文庫・花文庫・貝の口・矢の字・胡蝶結び・バリエーション)
  • 名古屋帯
    (お太鼓・銀座結び・変わり銀座結び)
  • 袋帯
    (二重太鼓・銀座結び・角出し・福寿草・扇太鼓・文庫・変わり文庫・花立矢・小菊結び・花づつみ・二枚扇・華扇・藤若菜・重ね寿)

カリキュラム<講義>

  • 言われ小紋に見える町人文化・裃小紋(かみしもこもん)に見える武家文化
  • きものの源流~小袖
  • 正倉院と名物裂~錦の話
  • 雪国の織物
  • 南の島の染めと織り
  • 紅花~赤への畏敬・伊勢半本店紅ミュージアム見学
  • 組紐の魅力・帯締めと帯揚げで表現できること
  • 草木染〜いのちの色を染める
  • 古典芸能を楽しむために
  • しつらい〜「季節」と「感謝」を盛る

カリキュラム<産地見学>

  • 悉皆工房
  • 江戸小紋
  • 米沢
  • 新潟
  • 奄美大島

カリキュラム<実習>

  • 和裁(二部式襦袢)
  • 手描友禅(九寸名古屋帯)

費用と期間

入学金 11,000円(税込)
月謝 16,500円(税込)
期間 月2回/4時間 2年(48回)

青山きもの学院の着付け教室なら手結び着付けがわかりやすくて、理解度アップ!

「わかりやすさ」の3つの理由

初学者の方に青山きもの学院が選ばれている理由

1お伝えの仕方にこだわった
「言葉の表現力」と「実技の指導力」

青山きもの学院で学んできた先生方が、熟練の着付師の先生による「なんとなく」ではない方法論を優しく丁寧にお伝えすべく、日々研修・研究を積んでいます。

2使える技術を身につける
実際に着物を着るための技術指導

「着物を着付けてもらえる」だけの教室が残念ながら増えているようです。本当に「学んだ」と言えるように普段あなたが着物を一人で着るときを想定してお伝えしています。

3わからないポイントを引き出す
生徒さんの声をすぐに反映

生徒さんの声が青山きもの学院を形作ってきました。用意している教材やテキスト、方法論は講師ごとに共有し、生徒さんのわからないポイントを整理して反映させています。

\雰囲気は大丈夫かな? ちゃんと続けられるかちょっと不安。/

入学前の疑問や質問は以下の3つの方法で解決!

よくあるご質問

お申し込み前の疑問点は
よくいただくご質問とその回答をご覧ください!

よくある質問を見る

60分授業 無料体験

授業の内容・雰囲気を見るのにぴったりの60分。
肌着や長襦袢などの下着や小物類は不要で
手ぶらでご参加頂けます。

無料体験について詳しく

教室・授業見学

実際に校舎の雰囲気や受講風景を見てみたい方にぴったり。
先生に直接質問を行うこともできます。
見学の申し込みはネットでかんたん30秒。

見学について詳しく